【中学生レベルでも大丈夫】英語勉強にオススメ英語ニュースサイト【初心者でも2ヶ月でTOEIC650点超えられます】

大人になっていまさら英語の勉強っていわれても、社会人になると急がしく、まとまって勉強用の時間をとるのも大変ですよね。

スキマ時間に勉強しようと思っても、効果が実感しずらい英語学習を継続するのは困難なものです。

もともとTOEICでは300点以下だった私ですが、今回は私が実際に働きながらTOEICで650点をとったときに使用したおすすめサイトを紹介しようと思います。

スポンサーリンク

まずは英語学習の為にモチベーションをあげよう!

英語学習をなんとなく初めてTOEICで点数を取ろうと思っても、成功のビジョンが描けないと難しいものです。

そんなときに出会った記事が料理ブログで有名な「はらぺこグリズリー」さんのたった3ヶ月でTOEIC800点を取る方法という記事です。

この記事を読むと「あれ、私でも頑張れば800点取れるのでは?」「ちょっとがんばってみようかな」と思えるようになります。

私もこの記事を見てTOEICの勉強を始めた一人です笑

この記事の通りやってみるとわかるのですが、なかなかヘビーな勉強内容ですので、時間がある学生さんにはおすすめできますが、社会人にはちょっと厳しい内容となっております。

それでも、この記事を読むとモチベーションが上がること間違いなしですので、先ずは是非見てみて下さい。

英語のニュースサイトを見て英語に慣れよう!

TIME for KiDS

このサイトは自身の英語レベル別に記事の難易度を変更して英語のニュースを読むことができるサイトです。

TIME for KiDSはネイティブの小学生が読むためのニュースサイトですので、英文はかなりしっかりとしております。

まずは一番レベルの低いK-1から初めて、英文アレルギーを解消することから始めるのをおすすめします。

内容もわかりやすく、スラスラ読めてしまうレベルですので、すぐに一番上のK-5,6のニュースまで手が伸びると思います。

世界へ発信!ニュースで英語術 – NHK

世界へ発信!ニュースで英語術 - NHK
1回5分。旬なニュースを素材に、最新の時事英語表現を紹介するラジオ番組です。各ニュースの詳しい内容は、このウェブサイトで徹底解説しています!

次は少しレベルがあがりますが、世界へ発信!ニュースで英語術 – NHKの紹介です。

このサイトは日本のニュースなども英文で読むことができます。

日本語版もあり、英文のボキャブラリー解説もありますので、自分で解釈した英文の内容が正しいのかを確認することができます。

私のオススメの使い方は、まず日本語のニュースを読んだ後に英文のニュースを読む方法です。

ニュースの全体像を理解してから読めば、なにが言いたいのかを英語で推測しながら読むことができます。(よく知らないニュースをいきなり英語で読むのは非常に難しいです)

EEVideo

EEvideo~ニュースや映画,アニメで英語を学ぶ~
ニュースや映画,アニメで,楽しみながら英語を学ぶサービスです。ルビ訳や文構造などの学習サポートにより,英語が苦手な方でも学習できます。

このサイトは海外の有名なスピーチや簡単なニュースを英語字幕付きの動画でみることができるサイトです。

英語字幕もセンテンスごとに区切られており、文章のまとまりを意識しながら本場の英語を学ぶことができるようになります。

有料会員に登録するとすべての動画が見放題になるのですが、無料だけでも十分に勉強になるサイトですので、是非おすすめです。

英語のニュース動画をみるなら、まずはこのサイトを使用して英語耳を作れるように挑戦しましょう。

いざやってみると「この単語ってこういう発音なんだ」「簡単な単語でもセンテンスでまとめて話されると全然聞き取れない」という発見がありました。

ヒアリング能力向上の為に、おすすめです。

最後に

忙しい社会人がTOEIC650点をとるには普段からお手軽に英語と触れ合うかが大切だと実感しました。

電車の中で気軽に見れる上記の3サイトで是非、毎日英文と触れ合ってみて下さい。

なれていくと、「もっと私できるんじゃない?」という感覚になり英語アレルギーから開放されると思います。

まずは完璧に読むことができなくても、数をこなすことが大切ですので、スキマ時間にぱぱっと英語と触れ合ってみてはいかがでしょうか!

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました