【富士登山に挑戦したい人向け】富士山のススメ!初めての私が道具レンタル1泊2日でご来光を見ることができた話!【Part1準備編】

こんにちはごんざれすです。

一生に一度は富士山は登ってご来光を拝みたいとものですよね。

超ミーハーな私もご多分にもれずその一人で、JR東海バリの「そうだ、富士山に登ろう、」の勢いで一週間後には富士登山を行っていました。

富士山は日本で一番高い山ですので、それなりに険しかったですが、初心者でもしっかりと道具を準備して宿を予約すれば登頂可能だと思います。

今回から私の富士山に登ろうと思ったきっかけから、登りきった後日談まで書いていこうかと思いますので、これから富士山に登ろうと考えている人の参考になればいいなと思います。

スポンサーリンク

富士山に登ったきっかけ!〜「うんこちゃん(加藤純一)との出会い」〜

ニコニコ動画の生放送でうんこちゃん(現:加藤純一)という生主が、弾丸で富士山に一日で登って降りるという企画をやっておりました。

彼らは富士登山の装備の購入を道中のドンキホーテで済ませて、富士山近郊に一泊して早朝から登って降りるというスタイルでした。

装備の不十分さはありますが、彼らの楽しそうなその姿を見ると富士山に登りたくなること間違いありません。

この動画を見ると富士登山の険しさと楽しさと、準備したほうがいいものや注意事項がなんとなくわかるので、見てみるのをおすすめします。

まぁ、そんなこんなでですよ。この動画をみた勢いて、私の友人のドラゴン君に

「富士山登るべ」といったら「ok」と2つ返事で返してきたので、決行することとなりました。

富士山に登る準備をしよう!

富士山に登ると行っても準備するのは道具だけではありません。

道具の他に、富士山までの生き方や山小屋の予約までしなければなりません。

まずは宿探し!

富士登山まで一週間しかありませんので急ピッチですすめるしかありませんので、まずは山小屋の予約から始めました。

ご来光を見るためには前日のうちに8合目〜9合目まで上り、山小屋で一泊して暗いうちに山頂まで行く必要があります

そこで私が選んだ山小屋がこちらの「富士山ホテル

本八合目 富士山ホテル
富士山吉田口 八合目に入ってから5件目の山小屋 本八合目富士山ホテルのWebサイトです。頂上まで、約90分、御来光の時刻に間に合うよう計画して、頂上へ出発できます。

理由は、ホテルっていう名前の安心感と評価も悪くなかったからです。

インターネットから予約ができるので、ポチポチとすませて完了です。

(ちなみに富士山ホテルを使用してみての感想は普通の山小屋でしたが、清潔感がありますので、不快に思うことはなかったです。あたりまえですがベッドや個室はありません)

登る日と帰る日の交通手段

レンタカーも考えましたが、運転した後すぐに登るのはシンドいので、新宿駅から直通のバスで行くことにしました。片道2000円ぐらいだったかと思います。(っていうかレンタカー高いですし)

他にも富士山駅や河口湖駅からもバスがでているようですが、首都圏にお住まいの方であれば、何も考えずに座っていける直通バスが一番オススメです。

※バスは毎日ある程度の本数はありますが、早い時間の便ほど人気なので前もって必ず席を抑えましょう。前日の予約はおすすめしません。

よかったら↓の記事が富士山までのアクセスについてわかりやすいのでぜひ見てみて下さい。

富士登山のアクセス情報|五合目までのアプローチ - フジヤマNAVI
富士山と周辺の山梨・静岡・神奈川の観光情報を徹底的にまとめた富士山データベースサイト。 世界遺産から地味に嬉しいコンビニ情報まで富士山旅行に関するあらゆる情報を徹底網羅。

富士登山のために、ウェアや靴、その他小道具等を揃えよう

私の場合、バック?リュック?だけは持っていたので、ウェアや靴、その他小道具を揃える必要がありました。

ごんざれす
ごんざれす

ウェアで5万、靴で3万、死んでまうやろ・・・・・

当時私はお金がなかったので、値段の高いウェアや靴はレンタルして、その他小道具は最低限必要なものだけ購入しました。

登山道具を持っていない人はレンタルが便利!

その当時は靴とウェアだけをレンタルして大体1万円ぐらいだったかと思います。

今は靴とウェアのレンタルをしてくれる業者は結構多く、事前に申し込めば富士山5合目で借りて、帰りもそのまま返却できるようにしてくれているところは多いです。

↓このLa Montさんのようにウェアと靴をセットで貸し出してくれるので、便利ですね。大体1〜2万円ぐらいでほぼ揃えられるなんて超便利。

高品質!清潔!富士山登山用品レンタルショップ LaMont
富士山登山用品レンタルショップLaMont(ラモント)は、手ぶらで来店されても、その場で準備して登山に直行!下山後そのまま返却ができるとても便利なレンタルショップです。

その他、水や食料、靴下、フリース、酸素ボンベ、タオル、夜間に道を照らすための懐中電灯(頭に付けられるやつ)、体を拭くようのメンズウェットティッシュ等を準備しましたが、中でも購入するのが大変だったのが、フリースです。

富士登山シーズンの6〜8月にフリースを販売している洋服屋はほぼ無いため、結局インターネットで購入した記憶があります。

今回紹介したLaMontさんではフリースや靴下、グローブをセットにしたレンタルもあるので登山用の道具を持っていない人はそれらがセットになったものをレンタルするのが一番楽で、間違いないと思います!

しかもLaMontさんの場合は、グローブ・ソックス・フリースは衛生上の都合、そのまま貰える(返却不要)なので、次回登山する際にも使えるので非常に便利ですね。

(いい時代になったものですね)

当時の私がこのサイトを知っていたら間違いなくLaMontさんのパーフェクトセットで行きますね笑

個人的に買ってよかったもの

アンダーシャツとアンダーウェアのタイツです。これ最強!!!

ドラゴン君「アンダーウェアを履くとマジで足が早くなるよ」

マジでした。舐めてました。

よく野球部とかが練習の際に黒いピッチピチしたやつを着てますよね。

あれを身につけると、いつもの2倍ぐらい体軽くなるような気がします(これはホント!!!)。

私は適当に安いやつを購入しましたがそれでも十分で、騙されたと思って着たことない人は購入するのをおすすめします。

速乾性も高く、日差しから肌を守ってくれるので、私が登山するときにはもうマストアイテムです笑。

購入するときは必ず長袖を買いましょう。

ごんざれす
ごんざれす

こんなに体が軽くなるならもっと早く知りたかった

買ったけど使わなかったもの(私の場合)

酸素ボンベとステッキです。

酸素ボンベを使うほどの事態にならなかっただけだと言われればそのとおりです。

あと、ステッキは持ってきましたが、結局富士山の売店で焼印してくれる杖みたいのが売ってるので、それを購入しました。

杖に焼印してくれるので、いい思い出にもなりますしね!

そんなこんなで富士登山の際の私が実際に行った下準備についてはこんな感じです。

次からは実際に富士登山したときの話を書いていこうと思います。

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました