【画像を自動でリサイズ&圧縮】Imsanityの使い方とおすすめ設定方法【WordPressプラグイン】

ワードプレスに画像をアップする時にいちいち圧縮したり、画像のサイズを編集する作業って結構大変ですね。

しかも過去に書いた記事の画像まで対処しようと思うとめちゃくちゃ手間ですよね。

今回紹介するプラグインはWordPressにアップロードした画像ファイルを、自動でリサイズしてくれる「Imsanity」の設定方法と使い方のご紹介です。

「Imsanity」を使うと

  • アップロード前の画像をリサイズする手間がなくなる
  • 自動で画像のリサイズと圧縮を行ってくれる(過去の記事もまとめて可)
  • JPGに拡張子を統一できる
  • 画像圧縮によりサイト表示スピードが早くなる

上記のようなメリットがあります。

過去の記事までまとめて一括処理できるのは非常に便利でした

(いざ使ってみると余分な大きさの画像がたくさんあって驚きました笑)

今までのブログ更新の負荷を一発で解消できるので、きっとブログ執筆作業の効率があがること間違いなしです!

画像ファイルが重いせいでサイトが表示されず、せっかくクリックしてもらったのに読んでもらえなかったという事態になる可能性もありますしね。

今回は「Imsanity」のインストールから設定の方法まで解説しますので、是非ご覧ください!(数分もあれば完了できます)

スポンサーリンク

「Imsanity」のインストールと設定方法

STEP1  プラグインを導入しよう

「Imsanity」のインストールは非常に簡単ですのでちゃちゃっと解説していきます。

左側の黒いメニューの一覧から「プラグイン」→「新規追加をクリック」

キーワード検索(画像の右上の赤い囲み)に「Imsanity」と入力

怖いロン毛のアイコンがImsanityですので、「今すぐインストール」をクリックすると赤い囲みのように「インストール中…」と矢印がぐるぐるします。

STEP2 「Imsanity」の設定をしていきましょう【重要です!】

黒いメニューの「プラグイン」の「インストール済みプラグイン」をクリックすると、「Imsanity」がちゃんとありますね。

このImsanityの設定をクリックして画像のリサイズと圧縮、その他変換に伴う設定を行っていきます。

設定項目は全部で7つあったと思いますが、この赤い枠で囲んだところだけしっかりと設定すれば大丈夫です!

いろいろとググった結果、上記の設定がベターのようです。

上から順番におすすめ設定を書いていきますのでよかったら真似して下さい。

※注 ファイルの画像は一度リサイズされてしまうと元に戻せませんので、慎重に設定してくださいね!(バックアップを取っていれば別ですが)

1.固定ページ/投稿でアップされた画像
  最大の幅1024:最大の高さ0
  「1024×0」だと幅(横)の最大が1024までの範囲で自動リサイズされます。高さ(縦)は「0」にしますと横との比率で自動リサイズされます。

2.メディアライブラリへ直接アップされた画像
   最大の幅1024:最大の高さ0

3.その他の方法でアップロードされた画像

最大の幅0:最大の高さ0

※0と設定することで、Imsanityの効果を無効にすることができます。

 ヘッダーや背景などは画質に拘りたい場合もあるので、無効にしておくと良いです。

 こだわりがなければ①②と同じ設定でもOK

4.画質の設定:デフォルトは82

5.「はい」のデフォルトのままでOK

6.「いいえ」のデフォルトのままでOK

変更、確認すべき項目はこれだけです。

あとは設定を保存をクリックして設定を反映させましょう。

STEP3 圧縮してみよう!

まずはテスト的にファイルを一つ選択して問題なく動いているか、設定に誤りがあって変な結果になっていないか確認しましょう。

それで問題なければ後は全部選択して、余分なデータを削ぎ落としてスマートばブログにしてあげましょう(まるでブログのダイエットのようです)。

これで異常に重かったりする画像はなくなったはずなので、だれからアクセスがあってもすんなり応答されることでしょう。

以上、私のオススメプラグイン紹介コーナーでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました