尿酸値を下げる!?肝臓に良い食べ物を紹介します

尿酸値が高くて心配な私です。

こんにちはごんざれすです。

社会人になってからというもの、お酒なしでは過ごせない日々を送っております。

一日の嫌なことをお酒を飲めば忘れられるような気がしてしまい、、、ってお酒に逃げては行けないのですけどね。

肝臓に一番いいのはアルコールを摂取しないことだとはわかっておりますが、そのような環境の中でも、肝臓をいたわりたいという思いでこの記事を書いております。

肝臓を元気にして、元気よく明日を迎えましょう!

スポンサーリンク

肝臓に良い食べ物一覧

  • コーヒー
  • タンパク質!(ざっくり)
  • もずく
  • ピーナッツ
  • しじみの味噌汁 
  • 納豆
  • 鯖缶

普段からコンピニで売っているものばかりですね。

それではその効果を簡単にですが説明していきます。

コーヒー

コーヒーにはアルコール摂取によるγ-gdpを低下させる効果があるらしいですよ!

肝機能|ポリフェノールの健康効果|コーヒーポリフェノール効果|ネスレアミューズ
ポリフェノールの摂取源「コーヒー」の『肝機能』への健康効果についての情報をお届けします。

コーヒー爆買い必須ですね。

タンパク質

タンパク質は傷ついた肝臓の修復を助けてれます。

アルコールを分解するとアセトアルデヒドという成分になり二日酔いの原因になります。

このアセトアルデヒドと戦ってくれるのが動物性のタンパク質です。

タンパク質が分解するのは摂取2時間後なので、ランチでお肉を食べれるといいですね。

もずく

もずくのネバネバにはフコダインと呼ばれる成分が入ってます。

フコイダンには、がん予防以外にも、炎症反応、免疫反応、脂質代謝、血管新生、抗酸化など多くの効果があります。

そのため、「肝機能を改善」「高血圧改善」「抗菌」「アレルギーを抑制」「コレステロール低下」など優れた作用が期待できます。

フコイダンの効能 効果と注意点
フコイダンは、モズク等のぬめりがガンの治療効果をアップします。ガンの補完療法、血栓症の予防、ガンの予防、胃潰瘍、コレステロール値が高い、アレルギー症などに効き目があるとされています。

ピーナッツ

ピーナッツに含まれるレスベラトロールという成分があります。これは物質が脂肪の代謝を調整して、アルコール性脂肪肝を予防する役割があると言われてます。

しじみの味噌汁 

しじみの持つオルニチンが肝臓のアンモニアを解毒させます。

肝臓に毒が残っていると、それが脳に伝わり疲労を感じさせます。

しじみの心の疲れ軽減効果
しじみに含まれるオルニチンは、肝臓の解毒作用を高めて疲労回復を促してくれる。また、トリプトファンは精神を安定させるメラトニンやセロトニン生成してくれる。この二つの成分が含まれているしじみはストレス軽減に最適な食材である。

納豆

納豆に含まれるレシチンが中性脂肪を減らすのに役立血ち、肝脂肪を減らします。

肝脂肪は肝硬変や肝臓がんの引き金になるので、気になる方は納豆を食べましょう

納豆を食べることで頭の働きがよくなる/全国納豆協同組合連合会 納豆PRセンター
納豆のことなら何でも分かる!納豆総合情報サイト 全国納豆協同組合連合会 納豆PRセンター

サバ缶

食事の脂質を分解する必須アミノ酸が多く含まれている。肝臓で作られる中性脂肪を抑制、分解してくれます。

1缶100円ぐらいですから、おつまみには鯖缶がいいかもしれませんね。

中性脂肪値を下げる!EPA・DHA効果とは?|ブランド一覧|ニッスイ商品情報サイト

大切なのは生活習慣

一気にいっぱい食べれば肝臓に良いというものではないので、毎日コツコツと食べて積み重ねていくことが大切ですね。

健康第一です!以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました