20代中盤の転職は思い切ってやるべし!?結論は??

私は新卒で入った商社を25歳で退社して、今の会社に転職しました。

転職して良かったこと、悪かったこと色々ありますが、結論は

20代中盤の転職はするべき!!

だと思います。

今の会社に特に不安や不満を抱いてない人は転職する必要がないですが、

「この会社でずっと働いてていいのだろうか」

「人間関係につかれた」

「仕事にやりがいを感じなくなった」

「給料日が安い」

のような考えを持つようであれば、私は間違いなく転職した方が良いと考えます。

スポンサーリンク

20代中盤が転職するべき理由

20代というのは本当に柔軟に学ぶことができる年代です。

それは企業にとって非常に求められるものの一つになります。

また、即戦力ではなく、20代を受け入れたいという会社は人を育てて、将来的にはキーマンとしての働きを期待しているでしょう。

これが20代転職のアドバンテージだと思います。

また、少なくとも今の会社で働いているあなたの経験が無駄になることはまずないでしょう。

前の会社の視点を持ち合わせているあなたは、きっと新たな会社では異質な人間として扱われると思います。

しかし凝り固まった会社に新たな視点が入るというのは非常に大きい事だと思います。

そのような存在こそが20代なのです。

また、20代で転職に失敗したとしても、そこからやり直すチャンスはいくらでもあります。

時間だけが経過して30代になってから転職しようとしても転職状況(求人内容)はより一層厳しく、また求められる職務を相当のものだと思われます。

上記の通り20代での転職は全く問題ないです。

むしろ20代で転職を考えているなら間違いなくやるべきだと私は思います。

転職して良かった事

いろいろありますが、私が敢えて三つあげるとしたら、

  • 将来への不安がなくなった
  • 社会人としての常識が広くなった
  • 沢山の尊敬に値する人間に出会えた

ですね。

一つずつ解説して行こうかと思います。

将来への不安がなくなった

私の場合は少し特殊で、前の会社が後継者問題で揉めており、今後会社をどうするのかというのがあいまいな状態でした。

私としては定年まで働ける会社で歯車の一つとして機能し続けたいという思いがありましたので、今の会社にはそういう意味では満足しています(100%満足ではないですが)。

社会人としての常識が広くなった

前の会社では新人教育は完全OJTでしたので、職務を習う先輩の色だけに染められてしまうのではないかと思います。

またその会社の風土になれてしまい、その世界が全てと思うようになるでしょう。

そこで成功して称えられる事がやりがいと感じるようになりますが、そもそもその会社の企業風土は常識的なのでしょうか?

転職をしたことがない人たちにとっては、常識だというかも知れませんが、私は違うと断言します。

会社によって求められる人間は間違いなく違いますので、皆さんも他の会社の環境を知ることで、より一層経験値のある社会人になれると思います。

沢山の尊敬に値する人間に出会えた

社会人になって今後成長するためには、見本となるべき先輩の存在が必要不可欠だと思います。

幸運にも私は前職でも現職でも素晴らしい先輩・上司に出会えました。

もちろん前職の先輩の影響は非常に大きく、私の思考回路を形成してくださったと思ってます。

人間は人との出会いで成長するのものだと心から痛感しております。

職務経験のない人はブラック企業もあり!?

私の前職も現職も正直ブラックです。

前職は人間と会社がブラックなので最悪でした。

前職の残業はみなし残業で月20時間だけ固定でもらえますが、それ以上はもらえませんでした。

今の会社に入ってから残業代や残業時間は会社側も正確に管理しており、サービス残業がなくなったので、その点は非常に満足しています。

ただし、現職はそれなりに残業の多いのでそこが難点です。

多分ですが、この世の殆どの会社は何かしらブラックの面があると思います。

会社としてやらなければならないことが多いために業務過多になったり、直属の上司とうまくやれなかったり、給料が想定よりも安かったりなど。

それでもまずは社会人としても一歩を踏み出してみると、案外耐えられたりするものです。

ブラックな経験をしたほうがよいかと言われればNOですが、ブラックの経験も悪くはないと思えるようになります。

ブラック企業に嫌気が差したら辞めて、新しい会社を探せばいいのです。

今は本当に人材不足ですので、積極的にチャレンジして色々と経験してみましょう。

偉そうに書いてすみません!以上!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました