amazonで本当にいいものを見極める方法!!レビューと星だけで判断しないで!

amazonで買いものをするとき、皆さん必ず星の数とレビューは確認されますよね。

星4以上でレビューに不評もないのに買ってみたら

「あれ、なんかこんなもんか」

と思うことがたまにあります。

主に映画や本などのコンテンツでは「アタリ」と「ハズレ」が顕著だと思うので、せっかくお金を払ったり自分の貴重な時間を費やすのであれば「アタリ」と出会いたいですよね。

そんな私に救世主となって現れたのが、私の前職での超頭がキレッキレの先輩でした。

その先輩(私にとっての恩師)が教えてくれた星とレビューに騙されない方法があまりに納得できる内容だったので、紹介しようと思います。

スポンサーリンク

本当に良い作品の見分け方(結論)

結論から書きますと、本当に良い作品を見分けるポイントは

レビュー数300位上で星4以上かつ、星のヒストグラムの山がきれいになっていること

です。

例えばこの作品

シェフ 三ツ星フードトラック始めました (字幕版)

Amazon.co.jp: シェフ 三ツ星フードトラック始めました (字幕版)を観る | Prime Video
一流レストランの料理人カール・キャスパーはオーナーと衝突。創造性に欠ける料理を作ることを拒み、店を辞めてしまう。マイアミに行ったカールは、とてもおいしいキューバサンドイッチと出会い、元妻や友人、息子らとフードトラックでサンドイッチの移動販売を始めることにする。

この作品は私も超大好きな映画なのですが、レビューを見てみると

400件以上のレビューで星5が最大評価、それに加えて星4から星2まで評価されています。

このレビューはあまりにも出来すぎですが、見ても絶対に後悔しないと言い切れます。

打って変わってこのレビューはいかがでしょう。

少ないレビューの中で星1が見受けられますね。

星2はなくて星3が次に多い。

なんかいいのか悪いのか分からないですよね。

でもレビュー数が多いというは、サンプルの数が多いから信頼性が高いとかそういう話の前に、もっと面白い理由があるのです。

レビューは情熱の数!?

頭が狂ったわけではないです。

レビューを書くというのは簡単なことですが、みなさんAmazonで買ったものにレビューって書いたことありますか?

多分ほとんどの人が書いたことのないと思います。

レビューを書くには情熱がいるのです!!!

そのコンテンツや物を買って「よかった」だけで済まずに「誰かに伝えたい」という思いを抱かせるような商品であると言えます。

こんだけ面白いのを誰かに知ってもらいたい、という気持ちの表れがレビューなのです。

レビューの点数の高い低いはあるかもしれませんが、レビューが沢山ある商品はそれだけ買い手を奮い立たせる商品であると言えるでしょう。

なので、たまにどの本を買おうかなと迷ったり、今日はどの映画を観ようかなと迷った時、普段の自分だったら興味のないような作品でもレビュー数を信じて手を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

きっと面白いことが待っているに違いありませんね!

それじゃ、以上!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました