社会人教習所生活「AT 限定 仮免有」パート1

おはようございます。ゴンザレスです。

フロントガラスに反射する太陽の光が心地よい休日の朝の8時です。

この記事を書いてる現在、私は教習所にいます。

なぜいるのかと言うと、免許更新期限を過ぎてしまい、本免許を失効した為でございます。

不幸中の幸いとでも言いましょうか、失効期間が半年以上、一年未満なので、仮免許からのスタートになりました。

仮免許だから直ぐに教習所なんて終わるのだろうと考えておりましたが、甘かったです。

働きながらの教習所通いがこんなに大変だとは・・・

恥ずかしながら改めて私の自己紹介をさせて頂きます。

スポンサーリンク

私のスペック

  • 年齢:20代後半
  • 大学は日東駒専のどこか
  • 職歴1:冷凍水産物の輸入と販売(新卒入社して3年て退社)
  • 職歴2:某メーカーで営業(転職組、現在2年目)
  • 趣味:寝ること、飲みに行くこと

免許の期限切れに気づいた話は、別の記事に書かせて頂いております。

興味があればこちらをご覧ください。

運転免許を失効した話
運転免許の期限が切れておりました。びっくりを通り越して冷静でいられるぐらい焦りました。皆さんはこんなバカなミスをしないように気を付けてください。

この記事を買い散るときの教習所の進捗具合としては、こんな感じです。

実地:残り11回 (全19回中)

学科:残り3回  (全16回中)

頑張りました。

通い始めてもうすぐ一ヶ月が経とうとしてますが、休みの日だけを利用して通いまくりました。

もうあと半分で卒業です。

しかし問題は実地の予約です。

1月~3月にかけて、高校を卒業した方や冬休みの大学生でごった返すそうです。

それで予約が取りづらくなるので、なるべくこの12月に詰め込みたいところではございます。

なんとかキャンセル待ちをうまく利用して、休日(土曜のみ)で三回乗れるよう調整して頑張っておりますが、スムーズにキャンセル待ちが取れるわけでもないので、どうしたものやら。

少し遡って、この教習所の入社式での事を書こうと思います。

入所式!!

免許を失効して1.5ヶ月が経ち、心の傷も麻痺して来た頃、免許センターでの一発試験に合格するという甘い夢から覚めて現実と向き合う覚悟を決めました。

仮免許の期限は6ヶ月です。

この六か月の間に教習所を卒業して、免許センターで学科を合格しなければなりません。

残すは4.5ヵ月。

今までのように生活してたら絶対に仮免許も失効すると思い、11月の中頃に教習所の門を叩きました。

受付「入社式が明日ありますので、今日申し込めば明日以降から教習が開始できます。仮免からですので20万です」

私「わかりました、カードでお願いします」

残り猶予期間の少ない私には、この20万という金額はそこまで響きませんでした。

罰金を払って刑務所に入ることを拒む人の心理と同じようなとこでしょうか。

入所式当日

人数は約15名。教室の机の1/3が埋まるくらいで、二十歳前後の人10人と外国人3名と私と年のわからない人1名でした。

教師の人が全員分の教習手帳(入所の申し込みをすると貰える)を確認している時です。

私の手帳の確認だけ一分ぐらいかかりました。教師が回りを見渡し、証明写真と合致する人を探していたのでしょう。目と目が合いました。

教師:  (゜ロ゜)

こんな顔されました。お互いにその後は何も言葉を交わさず終わりましたが、何故かこの教師とは上手くやれる気がしました。

手帳の確認が済み、次はOD 式の適性検査です。

これで自分の運転適正の心理面と技術面が分かるらしいです。

結構楽しくできました。就活のときの適性検査を思い出します。

この適性検査の本には日本語の記載しかなく、日本語が読めない外人さんが困っておられ、よく質問されてました。

質問されても教師は日本語で同じ言葉を繰り返すだけなので、外人さんは可哀想でした。

そんなこんなの中、検査の1/5が終ったぐらいに、英語の書かれた検査の用紙が配られました。

あるなら最初から配ればいいのに、と思いながらも試験は進み、無事に入所式は終わりました。

最近の教習所は外人さんも多くいらっしゃり、千葉県も国際化が進んでるなぁと感じた一日でした。

ちなみに今回受けた適性検査の結果は、結構当たってる気がしました。

そのような感じでとりあえず無事に入所式はクリアです。

頑張った自分へのご褒美にビールを買って帰りました。

いざ学科と実地!

実地の予約がもう~~~~~面倒でした。

実地を受けるには予約をするか学科を受けるかです。

初回の実地予約はセンターのパソコンから行うのですが、二回目以降はスマホから予約できるサイトがあるとのことです。

最初だけなので、仕方なく学科終わりにでも教習所のパソコンでポチポチと予約をしようと教習所に行ったところ。

あれ、実地空いてないやん

一回目の実地教習はなかなか予約が取りづらいとのこと。

なんやねんそれ!と思いながら6日後の予約をとり家に帰りました。

それでも一回目の実地さえ乗れてしまえば、あとは回数をこなすだけなので全然楽勝でした。

最初のほうだけは・・・ね。

意外と実地が難しかったですよもう。

ウインカーと目視確認の順番とか覚えてなく、もう挙動不審マンですね。

逐一キョロキョロしてしまい、仮免前に戻りたい気持ちになってしまいました。

そんなこんなで教習も無事に進んでいきましたとさ!

今回はここまでで次の話はまた後で書こうかなと!

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました